公開学習会:「ビジネスと人権」NAPは今どうなっているのか?

        ~市民社会の視点から考える~

 2018年に本格的な策定プロセスに入った日本の「ビジネスと人権に関する国別行動計画(NAP)」は、現在さらに次の段階に進みつつあり、2019年7月30日にはNAPに盛り込むべき「優先分野」を定めたとされる政府文書「ビジネスと人権に関する我が国の行動計画(NAP)の策定に向けて」が公表されました。政府は2020年半ばのNAP策定を目指すとしています。

 重要な段階にさしかかろうとしているビジネスと人権のNAPは、今どうなっているのか? これからどうなるのか? 策定後は?・・・こうした問いに市民社会の視点から応え、ともに考える学習会を開催します。

  • 日 時:2019年10月3日(木)18時30分~20時30分
  • 場 所:日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
  • 内 容(予定):
    • 市民社会にとっての「ビジネスと人権」とNAP
      • 若林秀樹(ビジネスと人権NAP市民社会プラットフォーム代表幹事/国際協力NGOセンター〔JANIC〕事務局長)
    • ビジネスと人権NAP策定の経過と現在
      • 松岡秀紀(ビジネスと人権NAP市民社会プラットフォーム副代表幹事/アジア・太平洋人権情報センター特任研究員)
    • 他セクターからのメッセージ
  • 参加対象:関心のあるNGO/NPO関係者や市民はじめ幅広いセクターの方
  • 参加費:無料
  • 主 催:ビジネスと人権NAP市民社会プラットフォーム
  • 協 力
    • 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク
    • 社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク
  • 参加申込:申込みフォームからお願いします